<   2006年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

美しい時計

「時計は、時間が知ることができれば、十分。」

「そもそも、時計なんてしない、時刻を知るには携帯を見るし・・・。」

そんな人たちは多い。

「時計というのは、道具でしかない。」

確かに一理ある。

だけど、世の中にはこんなに、美しい時計もあるんです。

a0091225_13544529.jpg

[PR]
by tokei_baka | 2006-09-30 14:01 | 時計バカ一代

素材にこだわる

ロイヤルオーク(RO)は、1972年。
ジェラルド・ジェンタのデザインで世界初のステンレス・スチール(SS)製高級スポーツウォッチとして衝撃的なデビューをしました。
バリエーションの一つである、ロイヤルオーク・オフショアもやはりSSのイメージがありますが、
ケース素材はSSだけでなく、

・イエローゴールド(YG)
・ローズゴールド(RG)
・タンタリウム(TA)
・チタン(TI)

などのケース素材があるようです。

a0091225_1212717.jpg

(↑の写真は、限定モデルのTaケース)

SSではなく、あえてYGやRG、TAなどのレアメタル、また、丈夫で軽いTIをケースを選択するのもいいかもしれません。
[PR]
by tokei_baka | 2006-09-30 12:20 | Royal Oak Offshore

ロイヤルオーク・オフショアのムーヴメント

いっぱしの時計バカを気取るなら、やはりムーヴメントは気になるもの。
ロイヤルオークオフショアのムーヴメントについて調べてみました。

ムーヴメントはジャガールクルト製の、cal.889ベースであるcal.2126+デュボア・デプラのクロノモジュールベースのクロノモジュールcal.2840。
イワユル、2階立てクロノのようです。

a0091225_22193318.jpg
a0091225_22194245.jpg


3針のロイヤルオークとは違い、オフショアは自社製のムーヴではないようです。
しかし、ピゲ独自のチューン、装飾を施している模様。
ローターも回転効率を高める為、一部ゴールドを使用しています。
また、ペラルージュ装飾が美しいですね。
[PR]
by tokei_baka | 2006-09-28 22:28 | Royal Oak Offshore

更新できず…

ここ数日、残業や歓送迎会でブログが更新できず…。
コメントいただいたみなさま、本当にありがとうございます。
後程、ゆっくり返信させていただきます。
[PR]
by tokei_baka | 2006-09-28 01:36 | 時計バカ一代

今、欲しい時計

オーデマ・ピゲ。
1857年の創業以来、一度も創業者一族の手を離れたことのない、マニファクチュール。
そんなピゲがリリースする、世界初のステンレススチール製高級スポーツ・ウォッチ、「ロイヤルオーク」。

a0091225_2294591.jpg


ロイヤルオークの誕生から21年後、エクストリームスポーツウォッチをテーマにリリースされた、「ロイヤルオーク・オフショア」

a0091225_2211243.jpg


今は、これらの時計に夢中です。
今冬のボーナスを資金に購入できるか!?
[PR]
by tokei_baka | 2006-09-25 22:18 | 時計バカ一代

自己紹介也

一九七×年、東京都にて産声を上げる。
(以来、東京生まれ東京育ち)

初めての時計は、中学生の時にかってもらったCASIOのG-ショック。

二十代のはじめ、OMEGA Speed Masterとの出会いを果たし、すぐに時計の魅力にとりつかれ、CORUM Bubble Jokerを購入

そして、ネットサーフィン中Royal Oak、Royal Oak Offshoreとの衝撃的な出会いを果たし
以来、機械式時計に夢中な日々を送っております。

<現在所有している腕時計>
・BALL WATCH Engineer Hydrocarbon
・CASIO G-SHOCK(Speed Model)
・Fossil Day&Date
[PR]
by tokei_baka | 2006-09-25 21:58 | 時計馬鹿トハ(自己紹介)

本ブログの写真・画像について

本ブログ内の写真・画像は著作権を侵害する目的のものではありません。
問題がありましたら、修正・削除させていただきますので下記メールアドレスまでご連絡下さい。

tokei_baka@excite.co.jp

時計バカ一代 管理人 時計バカ一代
[PR]
by tokei_baka | 2006-09-25 21:53 | マエコウジョウ

初めまして

"時計バカ一代"へようこそ。

収入の多くを時計に費やし、何個も時計を持っているにも関わらず欲しいものは、時計。
通勤電車の中ではつり革バトル。
職場では、打ち合わせの相手の袖元をチラリと見、昼休みには、時計のブログをチェック。
時計雑誌をたびたび購入し、新製品のリリースは見逃さない。
After5は時に居酒屋で、時にBarで持ってもいないトゥールビヨン、ミニッツリピーターを熱く語り、帰宅後は自分が管理している腕時計ブログの更新。

本ブログは、そんな時計バカがお送りするブログです。
[PR]
by tokei_baka | 2006-09-25 21:43 | マエコウジョウ